ディズニー初心者が子連れで楽しむ方法!準備や持ち物を解説

東京ディズニーランド、ディズニーシーに初めて子供を連れて行く方は混雑に対する知識や準備が甘く、人気アトラクションに乗れずに1日が終わってしまうということがあります。
この記事ではディズニーリゾート初心者の方がパークを十二分に楽しめるように解説していきます。

目次

ランドとシーはどちらがオススメか

ディズニーシーは身長制限が厳しいため、お子様が小さい場合は人気アトラクションにほとんど乗れません。乗ることができない人気アトラクションは下記になります。

ニモ&フレンズ・シーライダー(90cm以上)
ソアリン:ファンタスティック・フライト(102cm以上)
タワー・オブ・テラー(102cm以上)
インディ・ジョーンズ(117cm以上)

もちろんディズニーランドにも身長制限があるために乗れない人気アトラクションはありますが、そのほとんどはスリルライド(絶叫マシン)になります。

よって子連れで遊びに行く方にオススメのパークはディズニーランドとなります。ただディズニーシーはパーク内を歩いているだけでも楽しいので2DAYSで来園するのもアリです。

オススメは閑散期

東京ディズニーリゾートにはパーク内が空いている「閑散期」と混雑している「繁忙期」があります。
ディズニーに初めて子連れで行く方は閑散期に遊びにいくことをオススメします。

閑散期のメリットや時期については下記のリンクで詳しく説明しています。

あわせて読みたい
ディズニー空いてる日はいつ?混雑していない時期や曜日を解説 東京ディズニーランド、ディズニーシーが空いてる日を知りたい! 東京ディズニーリゾートにはパーク内が混雑していない閑散期があります。混雑時には行きたくないという...

チケットは事前購入

東京ディズニーリゾートのチケットを当日購入しようとすると…チケット購入所が混雑していて待たされたり、最悪の場合は入場制限によってパークに入れない可能性があります。

ディズニーに着いてからスムーズに入場できるように必ず日付指定のチケットを購入しておきましょう。

【公式】パークチケット|東京ディズニーリゾート (tokyodisneyresort.jp)

履物はスニーカーで

ディズニーでは沢山歩くので、男性も女性もお子様も履きなれたスニーカーで来園しましょう。
また2日以上連続で東京ディズニーリゾートへ遊びに行く方は疲労回復アイテムを準備することをオススメします。

あわせて読みたい
ディズニーの疲労回復にオススメのアイテム5選!疲労対策にも 東京ディズニーランドやディズニーシー、ユニバーサルスタジオジャパンを1日満喫すると誰しもが満身創痍の状態となります。2日~3日連続で楽しむ場合、疲労回復を徹底し...

公式アプリは事前ダウンロード

東京ディズニーリゾートの公式アプリは必ず来園前にインストールしておきましょう。
公式アプリでは下記のことをすることができます。

・スタンバイパスの取得
・ディズニープレミアアクセスの購入
・リアルタイムのアトラクション待ち時間確認
・ショーやグリーティングの抽選
・チケット購入
・ディズニーホテル予約
・レストランの受付
・ショッピング

現在のディズニーリゾートはアプリをインストールしていることを前提に運営されています。アプリは必ず来園前にインストールしておきましょう。

宿泊ホテルを予約

日帰りでない方はホテルを事前に予約しておきましょう。
東京の電車にあまり慣れていない人は、パークから歩いて行ける「ディズニーホテル」、リゾートライン駅から歩いて行ける「ディズニーオフィシャルホテル」、パークからバスがでている「ディズニーパートナーホテル」をオススメします。

レストランを利用する場合は予約

東京ディズニーリゾートのレストランには事前予約システム:プライオリティ・シーティングがあります。プライオリティ・シーティングの特徴は下記になります。

混雑時でも席に優先的に案内してくれる
事前受付と当日受付が存在

昼食はピークを外す

プライオリティ・シーティングを利用する方には関係ありませんが、フードコートタイプのレストランで昼食を考えている方は昼食の時間に注意が必要です。

パーク内のレストランは11:30~13:30は非常に混雑します。買うのに1時間待ち、買っても席が空いていないというのはよくある話です。
なのでランチはピークタイムを外すことをオススメします。

・ブランチ(朝食兼昼食)とする
・ポップコーンや軽食を食べ、遅めの昼食とする

悪天候や季節ごとの対策

悪天候、真夏、真冬のディズニーリゾートは準備を徹底しなければ純粋に楽しむことはできません。
下記のリンクでは各シーズン毎にあると便利なものを紹介しています。

あわせて読みたい
雨ディズニーは傘とカッパどちらがオススメ?悪天候の持ち物 東京ディズニーランド、ディズニーシーの雨対策は傘とカッパ(レインコート、ポンチョ)どちらがいいのか?それぞれの雨具のメリットとデメリットについて解説していき...
あわせて読みたい
ディズニー暑さ対策グッズ15選!日焼け対策も忘れずに(USJでも) 真夏の東京ディズニーランド、ディズニーシ―、ユニバーサルスタジオジャパンは非常に苛酷な環境となっており、暑さ対策や熱射対策をしていかないと熱中症になってしまう...

開園待ちについて

下記の項目に複数当てはまる方は「開園待ち」をすることをオススメします。

・繁忙日に来園予定
・ディズニープレミアアクセスを購入しない
・アーリーエントリーを利用しない

年末年始、春休み、GW、夏休み、シルバーウィークといった超繁忙日に来園する場合、開園待ちをして午前中の内に人気アトラクションを少しでも多く体験しておくことをオススメします。

あわせて読みたい
ディズニー開園待ちのメリット!朝一は何時から並べばいいか? この記事では東京ディズニーランド、ディズニーシーの開園待ちのメリットとデメリットを説明します。また開園待ちをする場合、何時から並ぶべきなのか、何を持参してい...

お土産は昼~夕方までに購入

お土産購入のピークは夕方から夜にかけてとなっています。
疲れている身体で超混雑しているショップに立ち向かうのは大変厳しいため、お土産選びは昼から夕方にしておきましょう。

昼から夕方はお土産もゆっくり選ぶことができるため、非常にオススメです。

子供のトイレは早めに

女子トイレはエリアによっては列ができます。
なので女性や子供は早め早めにトイレにいくようにしましょう。

「シングルライダー」を利用しよう

どうしても体験したいアトラクションがあるけど…時間や家族の身長制限で体験できないという方は「シングルライダー」を利用することをオススメします。

シングルライダーとは、アトラクションの空き席に搭乗させてもらうことができる時間短縮サービスです。対象アトラクションは限られているので注意が必要です。

【東京ディズニーランド】
スプラッシュマウンテン
ビッグサンダー・マウンテン

【東京ディズニーシー】
インディジョーンズアドベンチャー:クリスタルスカルの迷宮
レイジングスピリッツ

迷子シールを活用しよう

東京ディズニーリゾートにはお子様が迷子になった時のために事前に迷子シールを貰うことができます。
このシールにはお子様の情報と保護者の連絡先を書くことができるため、迷子になったお子様を素早く見つけることができます。

また記念日や誕生日を彩る素敵なシールをキャストの方から無料で貰うこともできます。
誕生日の確認はないため、誕生日付近の来園であれば遠慮せずにバースデーシールを貰いましょう。

・ハッピーバースデーシール
・パークデビューシール
・ファーストライドシール

あわせて読みたい
ディズニー誕生日シールの貰い方!迷子、初めての記念 東京ディズニーランド、ディズニーシーでは記念となるシールやパークでの体験を充実させるシールを無料で貰うことができます。この記事ではキャストさんから貰う方法や...

JALパックではショーの事前予約が可能

飛行機を利用してディズニーリゾートに遊びに来る方にオススメの裏技が「JALパック」を利用することです。
JALパックを利用した場合の特典を下記に列挙します。

・羽田空港からTDRまでの往復無料送迎バス
・コインケース付きパスケースプレゼント
・フォレストシアターの鑑賞券
・ビッグバンドビートの鑑賞券
・貸切ディズニーのチケット

上記を追加料金なしの特典として利用することができます!

特に破格なのが「フォレストシアターの鑑賞券」「ビッグバンドビートの鑑賞券」です。この二つのショーは抽選対象のショーであるため、当選するかバケーションパッケージという高額オプションを購入しなければ鑑賞することができません。
この大人気ショーを事前予約できて、確実に鑑賞できるというのは破格の特典と言えます。

お得なホテル予約は?

ホテルの予約だけをしたいという方は、最大10%のPayPayポイントを還元してもらえる「Yahoo!トラベル」がオススメです。

Yahoo!トラベルでお得にホテル予約

また使える店舗が多い楽天ポイントが欲しいという方は「楽天トラベル」でホテル予約をしましょう。

楽天トラベルでお得にホテル予約

あわせて読みたい
ディズニー持っていくべき便利グッズ13選!USJでも活躍間違いなし 東京ディズニーランド、ディズニーシーやユニバーサルスタジオジャパンに持っていくと役に立つ便利アイテムをご紹介します。パークを十二分に楽しめるように必需品や便...
目次