ディズニー開園待ちのメリット!朝一は何時から並べばいいか?

この記事では東京ディズニーランド、ディズニーシーの開園待ちのメリットとデメリットを説明します。
また開園待ちをする場合、何時から並ぶべきなのか、何を持参していくと役に立つのか、雨の日はどうすればいいのかについても解説していきます。

目次

開園待ちのメリット

開園待ちのメリットは「人気アトラクションのスタンバイパスを確実に取得できる点」「ショップのスタンバイパスを確実に取得できる点」になります。

混雑する日は人気アトラクションのスタンバイパスは午前中に発券終了となってしまいます。人気アトラクションに確実に乗る方法は、朝一から並んでスタンバイパスを確実に取得する以外に方法はありません。

グッズ販売初日は開園待ちがひどい様相となっています。
転売ヤーが深夜から開園待ちをするために一般ゲストはグッズを購入することが難しいという問題が発生しています。初日にグッズを確実に買いたい方は相応の覚悟で開園待ちをする必要があります。

開園待ちのデメリット

開園待ちのデメリットは「朝が早い」…これに尽きます。

早起きを余儀なくされるため、体力も余計に使うのではないかと考えられますが…朝一は人気アトラクションに待ち時間なく乗ることができるため、開園待ちした場合もゆっくり来園した場合も体力の疲労度は同じだと考えます。
アトラクションの行列で体力を消耗するか、開園待ちで体力を消耗するかの違いです。

何時から開園待ちをするべきか

東京ディズニーランドとディズニーシーの開園時間は9時~21時が現在は基本となっています。
※コロナ前は8時~22時が一般的でした。

私がオススメする開園待ちの時間は…舞浜駅に7時30分着です。
舞浜駅の改札を抜けて、保安検査場で手荷物検査と検温を行い、7時50分くらいからエントランスで待機できるスケジュールとなります。

混雑状況によって変わりますが、おおよそ8時30分前後に入園が開始されます。7時50分から開園待ちを始めた場合の実質待ち時間は40分程度となります。
遅くても8時30分までにエントランス前に到着しましょう。

グッズ販売初日の場合、転売ヤーやグッズガチ勢は深夜の3時くらいから保安検査場前で待機をはじめます…。中国系の方の横入りやゴミ放置など治安はお世辞にもいいとは言えません。
どうしてもその日でないといけない場合を除き、グッズ初日は回避することをオススメします。

【公式】運営カレンダー|東京ディズニーリゾート

雨の日の開園待ち

雨の日の開園待ちは基本的に雨具を身に着けて(もしくは傘をさして)立って待機します。
故に非常に過酷なので、あまりオススメはできません。

悪天候のパークは繁忙期であっても比較的空いているため、開園直前に合わせて来園することをオススメします。
特に小さいお子様連れの方は雨予報の日は少し心に余裕をもって来園することが重要です。

あわせて読みたい
雨ディズニーは傘とカッパどちらがオススメ?悪天候の持ち物 東京ディズニーランド、ディズニーシーの雨対策は傘とカッパ(レインコート、ポンチョ)どちらがいいのか?それぞれの雨具のメリットとデメリットについて解説していき...

開園待ちで役に立つアイテム

開園待ちの時にあると便利なものは下記になります。

・レジャーシート or 座布団
・モバイルバッテリー
・雨具(傘、レインコート、タオル)

個人的なオススメはレジャーシートよりも座布団です。持ち運びやすい携帯用座布団は開園待ちだけでなく、パレードやショー待ちでも役に立ちます。

また待機中はスマートフォンで時間を潰すという方も多いはずです。スマホの充電を切らすことは東京ディズニーリゾートでは死活問題となるため、必ずモバイルバッテリーを持参していきましょう。

¥1,280 (2022/09/28 01:39時点 | 楽天市場調べ)
¥3,960 (2022/09/28 14:31時点 | 楽天市場調べ)

iPhone12と13限定のアイテムとなるのですが、マグネットでiPhoneに装着して充電をすることができる最新モバイルバッテリーが「Anker Magnetic Wireless Charger」です。従来のモバイルバッテリーとは一線を画す性能が下記になります。

・ワイヤレス充電(コードがありません)
・マグネットでiPhoneに装着しながら充電をすることができる

コードがないのでiPhoneに装着し、そのままポケットにしまうだけで充電ができてしまいます。iPhoneユーザーのマストアイテムとなるのも時間の問題です。

あわせて読みたい
ディズニー持っていくべき便利グッズ13選!USJでも活躍間違いなし 東京ディズニーランド、ディズニーシーやユニバーサルスタジオジャパンに持っていくと役に立つ便利アイテムをご紹介します。パークを十二分に楽しめるように必需品や便...
あわせて読みたい
ディズニーで使える裏技・小技10選!知っていると得する情報 東京ディズニーランドとディズニーシーには意外と知られていない裏ワザや小技(テクニック)が存在します。発券終了したスタンバイパスを取得する方法、記念シールや迷...
目次