ディズニー乗り物酔い対策!薬やグッズでソアリンも安心

東京ディズニーランド、ディズニーシーで活躍する乗り物酔い対策アイテムや薬をご紹介します。
大人気アトラクションのソアリン、ニモ&フレンズ・シーライダー、インディージョーンズ・アドベンチャーは酔いやすいため、子供は特に注意が必要です。

目次

酔いやすいアトラクション

東京ディズニーリゾートのアトラクションで乗り物酔いしやすいものを紹介します。

ディズニーランド
スペースマウンテン、スターツアーズ、アリスのティーパーティー

ディズニーシー
ソアリン、ニモ&フレンズ・シーライダー、インディージョーンズ・アドベンチャー

ディズニーシーのソアリンは超人気アトラクションなのですが、乗り物酔いしやすいという弱点があります。身長制限をクリアしている場合は万全の対策で臨みましょう!

乗り物酔い対策グッズ

乗り物酔い対策として有効なグッズやお薬を紹介します。

酔い止めバンド

乗り物酔いする方やお子様にオススメの対策グッズは「酔い止めバンド」です。
手首に巻くだけで、乗り物酔いに効くツボを刺激してくれます。

酔い止めバンドは繰り返し使うことができ、パーク以外のシーンでも活躍するので乗り物酔いをしやすい方は持っていて損はありません。特に酔いやすいお子さんは遠足などのバス移動にも持たせたい一品です。

¥500 (2022/09/29 12:15時点 | 楽天市場調べ)

酔い止め薬

酔い止めバンドだけだと不安だという方は、併用で「酔い止め薬」を服用することをオススメします。酔い止め対策を完全にしたという精神的な安心感が乗り物酔いを防ぎます。

大人にオススメの酔い止め薬は、胃の中で薬効成分が徐々に放出されるため効果が長続きする「アネロン ニスキャップ」です。カプセルタイプなので小さなお子様は飲み込めない可能性があります。

酔ってしまってからの吐き気・めまい・頭痛などの症状を緩和してくれる酔い止め薬が「トラベルミン」です。もしものために持っておきたい方向けです。

3歳から飲むことが酔い止め薬が「センパア プチベリー」です。5歳以上の酔い止め薬は沢山あるのですが、3歳から飲める薬は非常に少ないので購入時は注意してください。

体調管理は重要

乗り物酔いは体調管理を怠ると起きやすいので、ディズニー前日は下記の点に注意してください。

・睡眠不足
・空腹、満腹
・洋服の締め付けがきつい
・精神的な不安

吐いてしまうことや吐き気を恐れて、まったく何も食べないというのも酔いやすくする原因の一つです。酔いやすい方は「オニギリ」や「うどん」といった消化にいいものを食べてパークに行きましょう。
パンやチーズと肉といった消化に悪く、油分が多いものはNGです。

乗り物酔いが酷い場合は救護室へ

東京ディズニーランドとディズニーシーには「中央救護室」があります。気分が悪くなったり、けがをした場合は遠慮せずに利用しましょう。
場所は下記の地図の☆マークになります。

ディズニーランドの中央救護室
ディズニーシーの中央救護室

お得なホテル予約は?

ホテルの予約だけをしたいという方は、最大10%のPayPayポイントを還元してもらえる「Yahoo!トラベル」がオススメです。

Yahoo!トラベルでお得にホテル予約

また使える店舗が多い楽天ポイントが欲しいという方は「楽天トラベル」でホテル予約をしましょう。

楽天トラベルでお得にホテル予約

あわせて読みたい
ディズニー持っていくべき便利グッズ13選!USJでも活躍間違いなし 東京ディズニーランド、ディズニーシーやユニバーサルスタジオジャパンに持っていくと役に立つ便利アイテムをご紹介します。パークを十二分に楽しめるように必需品や便...
あわせて読みたい
ディズニーで使える裏技・小技10選!知っていると得する情報 東京ディズニーランドとディズニーシーには意外と知られていない裏ワザや小技(テクニック)が存在します。発券終了したスタンバイパスを取得する方法、記念シールや迷...
目次